50代のむくみは更年期障害から3つの解消法とエクオールで快適に!

「むくみ」を感じたことはありませんか?

なんだか顔が腫れぼったい!
夕方になると、靴がきつい!

50代のむくみは更年期障害から

特に、40代50代になると、前日に軽くお酒を飲んだだけでも、次の日、なんとなくむくんだような感じがすることは多くないでしょうか?

病気に関するむくみもありますので、一度は病院で診てもらったほうがいいと思いますが、日常的によくあるむくみは、自宅で簡単にケアできます。

そもそも40代50代のむくみの原因って何でしょう?更年期障害が関係する?

どうして「むくみ」」が出てしまうのでしょうか?
更年期障害と関係があるのでしょうか?

むくみは、体の中の水分が一部分に滞ることが原因です。

更年期障害の時は、体内のバランスが崩れるので更年期障害だから「むくんでいる」ということもあります。

しかし、更年期障害に関係なくても「むくみ」は、女性に多い症状です。

寝ている間は体が横になっていますので、重力とともに水が下に下がります。

すると多すぎる水分が体の下半分に下がり、背中や顔がむくみます。

立ちっぱなしでいる日の夕方に足がむくむのは、体の水分が足に集まってしまうためです。

40代50代のむくみの原因

ではなぜ滞りが起きるかというと、余計な水分や老廃物の排出ができていないためです。

健康な状態であれば自然となくなってしまう水分や老廃物が、むくみの原因なのです。

体の水分は通常は血液やリンパ液として心臓に戻り、体中を循環しています。

しかし水分や老廃物が多すぎると、血液やリンパ液からこぼれてしまい、近くの細胞の隙間にたまっていくのです。

少しずつですが確実に、たまった水分は細胞を圧迫していくので、むくみを感じるようになるのです。

むくみを解消するには?食べ物?運動?マッサージ?

問題は体にたまってしまう水分ですが、男性と比べて女性はむくみやすいという特徴があります。

それは女性の筋肉量に関係があります。血液やリンパ液は筋肉の収縮によって圧力を受け、心臓へと送り返されます。

しかし筋肉量が少ない女性は、そのポンプ機能がしっかりと働かないため、むくみに悩む方が多いのです。

この部分を解消するためには「流す」「出す」「筋肉をつける」という3つが大原則になります。

この三大原則を守ることが、むくまない体作りに役立ちます。

1、マッサージで水分を流す

細胞にたまった水分を流すマッサージを毎日行うことで、一日のむくみを解消しましょう。

筋肉量の少ない女性には、マッサージで水を流してあげることが最短の解消法になります。

<マッサージの手順>

  • 手の滑りがよくなるように、美容オイルをつける
  • 足指の間に手の指を差し込み、足首をぐるぐると回す
  • 足首から膝にかけて、ふくらはぎをもみほぐす
  • こぶしを作り、指の関節で膝の後ろをほぐす
  • 足の両側を手のこぶしではさみ、膝から足の付け根まで少しずつずらしながら、痛くない程度の強さで押す
  • 最後に両手の平で足を包んで、足首から足の付け根まで一気にさすり上げる

最初に足首をほぐし、足の付け根までもみほぐすことで、皮膚の下の水分が心臓に向かって流れることを助けます。

マッサージで水分を流す

最初にもむときには痛いかもしれません。

血流が悪く、老廃物がたまっていると痛みを感じる可能性があります。

痛い部分ほどよくほぐすことが大切です。

ただしやりすぎると翌日に痛みが残ることもありますので、毎日少しずつほぐすことを意識して続けてみましょう。

足のマッサージは毎日の習慣にしているモデルの方も多いので、むくみ解消だけでなく、美脚への近道にもなりますよ。

2、水分を体の外へ出す

そもそも体の中を流れる余計な水分がなくなれば、むくみに悩むこともなくなります。

汗や尿によって体の外へ出すことで、スッキリした体作りを目指しましょう。

そのためには食事に気をつけることが大切です。

むくみを作るものは塩分やアルコールなどです。

どちらも多く摂りすぎると、細胞内の水分バランスが崩れ、水分を抱え込みやすい体になります。

食事の時には、カリウムを多く含む野菜を意識して食べましょう。

海藻やカボチャ、葉物類にカリウムが多く含まれます。おやつにはナッツやバナナを食べるといいですね。

水分を体の外へ出す

カリウムは熱に弱いので、生で食べることが基本です。
カボチャはデンプンによって守られるので、火を通しても大丈夫です。

ウリ科の食べ物や、豆類、紅茶などには利尿作用があります。
尿の量が増えると、余分な水分を排出できますので効果的です。

老廃物を排出するには運動も欠かせません。
汗と一緒にたまった老廃物を流すことで、むくみを残さなくなります。

息が上がるほどの激しい運動は必要ありません。
通勤途中に歩いたり、階段を使うなど日常生活の一部に運動を取り入れましょう。

 

3、筋肉をつける

体の筋肉量を落とさないように筋トレをしましょう。
ふくらはぎを鍛えることで、夕方の足のむくみを防ぐことができます。

<ふくらはぎの筋トレ>

・最初にアキレス腱を伸ばす
・両足を揃えて、かかとの上げ下げを20回する
・足を肩幅に開き、かかとの上げ下げを20回する
・足を肩幅よりも大きく開き、かかとの上げ下げを20回する
・最後もアキレス腱をよく伸ばしておく

足の開き方によって、鍛えられる場所が変わります。
足を閉じた状態から、大きく開いた状態までまんべんなく筋トレをすることで、ふくらはぎ全体の筋肉に効きます。

筋肉をつける

回数は目安ですので、減らしても大丈夫です。
無理のない回数から始めてみましょう。

足を大きく開くと、床が滑る危険がありますので、靴を履いて行うか、滑らない場所を選んでください。

自宅でできるむくみ解消法の方法 まとめ

今回は、自宅で簡単にできる「むくみ解消法」をお伝えしました。

『血液の流れをよくすること』でむくみは軽くなりますので、「むくみはその日のうちに改称させる」を意識して、

「流す」「出す」「筋肉をつける」の3つのケアをしていきましょう。

更年期障害で、むくみの症状になることもあります。

更年期に減少する女性ホルモン:エストロゲンが原因です。

そこで今、脚光を浴びているのが、女性ホルモンに似た働きをする成分「エクオール」です。

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換されて産生され、更年期の女性をサポートする成分として注目されています。

更年期の女性におすすめの「エクオール」で大豆イソフラボンを補おう!

大豆イソフラボン

「なんだかやる気が起きない」「些細なことでもイライラしてしまう」「体が火照る、汗が止まらない」「急に動悸が起こる」など、実に多種多様です。

この、女性ホルモンの減少が、これら更年期症状を促す原因であることが知られています。

女性ホルモンに似た作用があり、女性の健康に役立つ食材と言われているものに、大豆イソフラボンがあります。

「エクオール」とは大豆イソフラボンから腸内細菌によって産生される成分で、自らエクオールを産生できない方はもちろん、産生できる方でもエクオールを摂取することにより、より快適な生活が期待できます。

自分の体がエクオールが作れるのかどうかをチェックすることができます。

私も検査を受けてみました。その結果は?

→ ソイチェックを受けてみた♪

また、検査の結果、エクオールが作れていても「エクエル」は毎日摂ったほうがいいとわかりました。

もし、エクオールが作れていなかったら、間違いなく「エクエル」は必要です^^

私も、エクエルを摂取しようとしたら、「パウチ」と「ボトル」の2種類がありました。

どちらがどう違うのか調べましたので、参考にしてください。

→ エクエルのパウチとボトルの違い