アーモンドミルクで肌荒れやニキビになる?美容と健康に効果的な飲み方とは?

最近認知度も上がり、注目されているアーモンドミルク。

美容と健康に良く、特に女性におすすめのイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。

  • アーモンドミルクで肌荒れした
  • アーモンドミルクを飲んだらニキビができた

なんて気になる声も‥。

美容と健康のために飲もうとしているアーモンドミルクで、肌荒れやニキビができてしまうのなら困ります。

実際のところはどうなのか、気になりますよね?

こちらでは、アーモンドミルクで肌荒れやニキビになる理由や、効果的な飲み方についてご紹介していきます!

アーモンドミルクで肌荒れやニキビになる理由とは





まずは、アーモンドミルクで肌荒れやニキビになる理由から見ていきましょう。

ツイッターで「アーモンドミルク ニキビ」と調べてみたところ、

アーモンドミルクを飲んでニキビができたという人よりも、
【アーモンドミルクを飲んでからニキビができにくくなった】という人の方が圧倒的にたくさんいました!

とはいえ、確かにアーモンドミルクを飲んでからニキビができてしまった、という人もいましたよ。

その違いがどこから来ているのでしょう?

アーモンドミルクで肌荒れやニキビになる人の特徴は?

アーモンドミルクを飲んでニキビができた人、できにくくなった人の特徴を見てみると、「飲む量」に違いがあることが判明!

何につけても食べ過ぎ、飲み過ぎは良くないと言われるように、アーモンドミルクもたくさん飲めばいい、というわけではありません。

そもそもアーモンドミルクは「水に浸けたアーモンドを搾って作る」ので、元はもちろんアーモンド

アーモンドはビタミンEや不飽和脂肪酸が豊富で健康にいいイメージがありますが、脂肪分はかなり高いです。

もちろん健康に良い脂肪分なんですけど、だからといって大量摂取しても健康に良いのかというのはまた別の話ですよね。

 

アーモンドミルクを大量に飲み過ぎると、脂肪分の摂取量が増えてしまい、毛穴をつまらせる原因になる、つまりニキビができやすくなるというわけです。

アーモンドミルクの美容と健康にいい効果的な飲み方とは





アーモンドミルクで肌荒れやニキビになることがあると言いましたが、それはあくまでも「大量に飲み過ぎた」場合のみ。

アーモンドミルクが美容や健康に良い飲み物である、という事実は変わりませんので安心してください。

アーモンドミルクが美容と健康に良い理由

アーモンドミルクは、なんと言ってもビタミンEが豊富です。

ビタミンEは抗酸化作用が強いことから、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれていますよね。

体内の活性酸素を除去し、細胞が老化するのを食い止める働きがあります。

アンチエイジングにもアーモンドミルクが良いと言われるのは、ビタミンEが豊富だからだと言えるでしょう。

また、中性脂肪を減らす働きのある不飽和脂肪酸、オレイン酸が豊富なのもアーモンドミルクの魅力の1つ。

血管を拡張させて血行を良くしたりする効果も、期待されているのです。

まさに、アーモンドミルクは美容だけでなく健康にも良い飲み物と言えるのです。

アーモンドミルクの効果的な飲み方は?

アーモンドミルクは、先述したとおり飲み過ぎると肌荒れやニキビを招く恐れがあります。

では、一体どのくらいの量を飲めば良いのでしょうか。

目安としては、1日コップ1杯(200ml)程度でOK。

飲むタイミングは特に決まりはありませんが、便秘の人は朝一番に飲むと腸が活性化されて、便秘を改善する効果が期待されています。

まずは1日1杯、アーモンドミルクを飲む生活を始めてみましょう!

まとめ

アーモンドミルクで肌荒れやニキビになる理由や、効果的な飲み方について紹介しました。

アーモンドミルクに限らずですが、なんでも食べ過ぎ飲み過ぎは健康に悪影響を及ぼすもの。

適量なら良い働きをするものも、大量に摂取すると良いことは1つもありません。

アーモンドミルクをたくさん飲んでニキビができてしまった‥という人は、飲む量を調節してみてください。

アーモンドミルクは、適量を飲み続けるのがおすすめなので、飲む量を見直して続けていくことがおすすめです。